『アンチクライスト』『トスカーナの贋作』試写

試写室日記

試写を2本観た。

『アンチクライスト』 ラース・フォン・トリアー

試写室で河原晶子さんにお会いする。河原さんは2度目だそうだ。

すごい映画だった。「死」→「喪」→「森」→「動物と人間」→「pain」→「nature」→「genocide」と、筆者が強い関心を持っている要素が、すさまじい映像の力で次々と押し寄せてきて、心の準備もできないままに心拍数が上がり、最後は異様な興奮状態に陥っていた。こういう体験ができる映画はめったにない。本当に病んでないとこういう映画は撮れないだろう。

続きを読む

「週刊朝日」の映画採点表



News

「週刊朝日」の2011年発売号より映画採点表を担当させていただくことになりました。第1回目の作品は、デイヴィッド・フィンチャーの『ソーシャル・ネットワーク』です。ちなみにこの映画については、現在発売中の月刊「宝島」2011年2月号のコラム「試写室の咳払い」でも取り上げています。

フランソワ・オゾン『しあわせの雨傘』



News

本日(1月8日)から公開になるフランソワ・オゾン監督の新作『しあわせの雨傘』の劇場用パンフレットに、「女性の内なる欲望や抑圧を描きつづけるフランソワ・オゾンの妙技」というタイトルで、彼の過去作にも言及した作品評を書いています。

男女の関係と政治が入り組む台詞のやりとりや立場の逆転、象徴的な水の表現などに、オゾンらしさがよく出ていておススメです。

●amazon.co.jpへ

ファティ・アキン・インタビュー



News

1月6日発売の「キネマ旬報」2011年1月下旬号に、トルコ系ドイツ人の監督ファティ・アキンのインタビューが掲載されています。

一度は会ってみたい監督のひとりだったが、予想以上に魅力的な人物だった。新作『ソウル・キッチン』のこと、ハンブルクの再開発のこと、ドイツの映画産業のこと、音楽のこと、彼に影響を与えたクルド人監督ユルマズ・ギュネイのこと、なにを尋ねても、彼のコメントには反骨精神が滲み出してくる。しかも、決して突っ張っているわけではなく、当たり前のことのようにごく自然に。そういうところは、アレックス・コックスに通じるものがある。