『パブリック 図書館の奇跡』|ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」記事

News

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ……『パブリック 図書館の奇跡』

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の2020年7月15日更新記事で、エミリオ・エステベス監督・脚本・主演・製作の『パブリック 図書館の奇跡』(18)を取り上げました。

以前取り上げたフレデリック・ワイズマン監督の『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』との共通点、真の民主主義社会を品質保証するものとしての公共図書館、エステベスが用意したフレデリック・ダグラス、パーシー・シェリー、ヘンリー・デイヴィッド・ソローらの肖像と名言からなる垂れ幕、役者として出演もしているラッパー、ライムフェストの「Weaponized」やジョニー・ナッシュの「I Can See Clearly Now」、エステベスの70年代の映画への愛着など、多面的に掘り下げています。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ……『パブリック 図書館の奇跡』

2020年7月17日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

東ドイツから気球で逃亡を図った家族の実話を映画化した『バルーン 奇蹟の脱出飛行』の劇場用パンフレットに寄稿しています



News

物語の鍵は、親から子への眼差し

東西冷戦時代の旧東ドイツ。1979年に、自家製の熱気球に乗って西ドイツへの逃亡を図ったのは、ごく平凡なふたつの家族で、総勢8名のメンバーの半分は幼児を含む子供だった。

そんな実話を映画化したミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督の『バルーン 奇蹟の脱出飛行』(18)の劇場用パンフレットに、「物語の鍵は、親から子への眼差し」というタイトルでレビューを書いています。さり気なく伏線をちりばめ、緻密に構成された本作の導入部は要注目です。サスペンスやアクションだけでなく、前後の繋がりなどから主人公たちの複雑な心の動きを想像させるヘルビヒ監督の巧みな演出が光ります。

2020年7月10日(金)TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

スティーブン・ケイプル・Jr.監督 『クリード 炎の宿敵』 レビュー



News

クーグラー、ジョーダン、ケイプル・Jr.――。ミレニアル世代が創造する新たな神話

筆者ホームページ“crisscross”の方に、スティーブン・ケイプル・Jr.監督、マイケル・B・ジョーダン、シルベスター・スタローン共演の『クリード 炎の宿敵』(18)のレビューをアップしました。マイケル・B・ジョーダンと組んで快進撃をつづけてきたライアン・クーグラー、そのクーグラーが南カリフォルニア大学映画芸術学部で出会ったスティーブン・ケイプル・Jr.。ミレニアル世代に属するこの3人のバックグラウンドや世界観が、『クリード チャンプを継ぐ男』の続編である本作とどのように結びついているかを掘り下げています。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ

『ハニーランド 永遠の谷』|ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」記事



News

北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の2020年6月25日更新記事で、北マケドニアで作られたリューボ・ステファノフとタマラ・コテフスカ共同監督のドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』(19)を取り上げました。

電気も水道もなく、他の住人も去って廃墟と化した山岳地帯の村で、病気で寝たきりとなった母親と暮らし、代々受け継がれてきた自然養蜂を営む女性ハティツェ。そこに現われる遊牧民の一家。筋書きのないドラマというドキュメンタリーの醍醐味、監督コンビのアプローチが切り拓くリアリズムとは異質な空間。想像力をかきたてるドキュメンタリーです。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

2020年6月26日(金)アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

デスティン・ダニエル・クレットン監督『黒い司法 0%からの奇跡』レビュー



News

デスティン・ダニエル・クレットから広がる人脈の輪、描き出す家族の深い絆

筆者ホームページ“crisscross”の方に、デスティン・ダニエル・クレットン監督、マイケル・Bジョーダン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演の『黒い司法 0%からの奇跡』(19)のレビューをアップしました。クレットンとライアン・クーグラーとの繋がりや、家族に対するクレットン独自の視点などについて書いています。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ

デスティン・ダニエル・クレットン 『黒い司法 0%からの奇跡』 レビュー

2020年6月17日ブルーレイ&DVDリリース、レンタル開始