『行き止まりの世界に生まれて』|ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」記事

News

荒廃するラストベルト、悲惨な過去を乗り越えようとする若者の葛藤、『行き止まりの世界に生まれて』

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の2020年9月3日更新記事で、アメリカの新鋭ビン・リューの長編デビュー作となるドキュメンタリー『行き止まりの世界に生まれて』(18)を取り上げました。

産業が衰退したラストベルトにある街ロックフォードを舞台に、もがきながら成長する3人の若者を描いています。一見すると、子供の頃からそれぞれに父親や継父に暴力を振るわれてきた3人が、スケートボードにのめり込み、そのなかのひとり、ビンがビデオグラファーになり、仲間を撮るうちにドキュメンタリーに発展し、本作が誕生したかのように見えますが、実は作品の出発点は別のところにあり、非常に複雑なプロセスを経て完成にこぎ着け、結果としてドキュメンタリーの枠を超えたドキュメンタリーになっています。その隠れた出発点やプロセスがわかると、作品の印象も変わるのではないかと思います。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

荒廃するラストベルト、悲惨な過去を乗り越えようとする若者の葛藤、『行き止まりの世界に生まれて』

2020年9月4日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』|ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」記事

News

アメリカ音楽に深く影響を及ぼしていたインディアンの文化『ランブル』

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の2020年8月6日更新記事で、キャサリン・ベインブリッジ監督の『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』(17)を取り上げました。

弾圧されてきたインディアンの文化がアメリカのポピュラー音楽にどのような影響を及ぼしてきたのかを、証言や記録映像で掘り下げていく興味深いドキュメンタリーです。リンク・レイ、チャーリー・パットン、ミルドレッド・ベイリー、バフィ・セイント・マリー、ジミ・ヘンドリックス、ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・デイヴィス、ランディ・カスティーヨなど、インディアンの血を引くミュージシャンたちに光があてられますが、彼らの音楽や物語を羅列したけの作品ではなく、激しい弾圧のなかで、インディアンの文化がどのように受け継がれ、剥奪を免れたのかがしっかりと掘り下げられているところが素晴らしいです。記事では、奴隷制、プランテーション、黒人の歴史や文化との関わりをめぐる独自の視点に特に注目しています。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

アメリカ音楽に深く影響を及ぼしていたインディアンの文化『ランブル』

2020年8月7日(金)より渋谷ホワイト シネクイントにて公開

『パブリック 図書館の奇跡』|ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」記事

News

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ……『パブリック 図書館の奇跡』

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の2020年7月15日更新記事で、エミリオ・エステベス監督・脚本・主演・製作の『パブリック 図書館の奇跡』(18)を取り上げました。

以前取り上げたフレデリック・ワイズマン監督の『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』との共通点、真の民主主義社会を品質保証するものとしての公共図書館、エステベスが用意したフレデリック・ダグラス、パーシー・シェリー、ヘンリー・デイヴィッド・ソローらの肖像と名言からなる垂れ幕、役者として出演もしているラッパー、ライムフェストの「Weaponized」やジョニー・ナッシュの「I Can See Clearly Now」、エステベスの70年代の映画への愛着など、多面的に掘り下げています。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ……『パブリック 図書館の奇跡』

2020年7月17日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

スティーブン・ケイプル・Jr.監督 『クリード 炎の宿敵』 レビュー



News

クーグラー、ジョーダン、ケイプル・Jr.――。ミレニアル世代が創造する新たな神話

筆者ホームページ“crisscross”の方に、スティーブン・ケイプル・Jr.監督、マイケル・B・ジョーダン、シルベスター・スタローン共演の『クリード 炎の宿敵』(18)のレビューをアップしました。マイケル・B・ジョーダンと組んで快進撃をつづけてきたライアン・クーグラー、そのクーグラーが南カリフォルニア大学映画芸術学部で出会ったスティーブン・ケイプル・Jr.。ミレニアル世代に属するこの3人のバックグラウンドや世界観が、『クリード チャンプを継ぐ男』の続編である本作とどのように結びついているかを掘り下げています。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ

デスティン・ダニエル・クレットン監督『黒い司法 0%からの奇跡』レビュー



News

デスティン・ダニエル・クレットから広がる人脈の輪、描き出す家族の深い絆

筆者ホームページ“crisscross”の方に、デスティン・ダニエル・クレットン監督、マイケル・Bジョーダン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演の『黒い司法 0%からの奇跡』(19)のレビューをアップしました。クレットンとライアン・クーグラーとの繋がりや、家族に対するクレットン独自の視点などについて書いています。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ

デスティン・ダニエル・クレットン 『黒い司法 0%からの奇跡』 レビュー

2020年6月17日ブルーレイ&DVDリリース、レンタル開始