東ドイツから気球で逃亡を図った家族の実話を映画化した『バルーン 奇蹟の脱出飛行』の劇場用パンフレットに寄稿しています



News

物語の鍵は、親から子への眼差し

東西冷戦時代の旧東ドイツ。1979年に、自家製の熱気球に乗って西ドイツへの逃亡を図ったのは、ごく平凡なふたつの家族で、総勢8名のメンバーの半分は幼児を含む子供だった。

そんな実話を映画化したミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督の『バルーン 奇蹟の脱出飛行』(18)の劇場用パンフレットに、「物語の鍵は、親から子への眼差し」というタイトルでレビューを書いています。さり気なく伏線をちりばめ、緻密に構成された本作の導入部は要注目です。サスペンスやアクションだけでなく、前後の繋がりなどから主人公たちの複雑な心の動きを想像させるヘルビヒ監督の巧みな演出が光ります。

2020年7月10日(金)TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー!

スサンネ・ビア 『真夜中のゆりかご』 レビュー



News

緻密で巧妙なビア監督の話術とミステリーの融合

筆者ホームページ“crisscross”の方に、スサンネ・ビア監督の『真夜中のゆりかご』(14)のレビューをアップしました。脚本は、ビアとアナス・トーマス・イェンセンという不動のコンビ。キャストは、ニコライ・コスター=ワルドー、マリア・ボネヴィー、ウルリッヒ・トムセン、ニコライ・リー・コス、リッケ・メイ・アンデルセンという顔ぶれです。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

スサンネ・ビア 『真夜中のゆりかご』 レビュー

アンドレイ・ズビャギンツェフ 『裁かれるは善人のみ』 記事

News

ロシアの苛烈な現実を描き、さらに神話の域へと掘り下げる映画

ニューズウィーク日本版のコラム「映画の境界線」の第7回(10月16日更新)で、ロシアの異才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の『裁かれるは善人のみ』(14)を取り上げました。『父、帰る』(03)、『ヴェラの祈り』(07)、『エレナの惑い』(11)につづく4作目の長編になります。

コラムをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

ロシアの苛烈な現実を描き、さらに神話の域へと掘り下げる映画|『裁かれるは善人のみ』

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』 レビュー

News

高潔な理念は幻想と化し、善悪や敵味方の境界が崩れていく

「映画.com」の9月29日更新の映画評論枠で、『マージン・コール』、『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』のJ・C・チャンダー監督の新作『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』のレビューを書かせていただきました。キャストは、オスカー・アイザック、ジェシカ・チャステイン、デヴィッド・オイェロウォ。

レビューをお読みになりたい方は以下のリンクからどうぞ。

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』レビュー | 映画.com

アリーチェ・ロルヴァケル 『夏をゆく人々』 レビュー

News

理想化され、利用される伝統から抜け出すことで、少女は成長を遂げる

筆者ホームページ“crisscross”の方に、イタリアの新鋭女性監督アリーチェ・ロルヴァケルの長編第2作『夏をゆく人々』(14)のレビューをアップしました。カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた作品で、アリーチェの姉で女優のアルバ・ロルヴァケルやモニカ・ベルッチが出演しています。アリーチェのデビュー作『天空のからだ』(11)にも言及しています。レビューをお読みになりたい方は以下リンクからどうぞ。

アリーチェ・ロルヴァケル 『夏をゆく人々』 レビュー